2017/08/18

夏休み帰省☆2017 その4。

山寺を後にした一行。

向かった先は、山形一寸亭。

この日のお昼ごはんは、肉蕎麦!

一寸亭②

冷たくて甘めのタレでいただく蕎麦。
美味しくって一気に食べてちゃった!

王子は、せいろ。

一寸亭①

蕎麦好きな王子。
やっぱり、一気に完食!

蕎麦湯もいただいて、一息。

実に美味しかった!

次回は、谷地の肉蕎麦を食べに行くのもいいかも。

スポンサーサイト
2017/08/17

夏休み帰省☆2017 その3。

帰省3日目。

この日は、山寺!

朝から小雨がパラついていたけど、山寺に着いたらやんだ〜
晴れ女の実力、炸裂(笑)!

山寺2017①

姫2号の宿題に、
先生宛に俳句を一句したためてハガキを出すっていうものがあり、
ならば、山寺で一句詠もう!ということに。

山寺2017②

さぁ、芭蕉パワーを貰って一句!

の前に、まずは力コンニャクを食べて上まで登るぞ〜

山寺2017③

アツアツのコンニャクに悪戦苦闘。
寒かったから、冷えた体に染み込む〜
山形のソウルフードにほっこり。

さて、石段を踏みしめて登るよー

山寺2017⑤

湧き水に濡れた苔を愛でつつ、
奇岩や太くて大きな杉に圧倒されつつ、
森林浴しながらもせっせと石段を登るプチ修行。

石段を登るたびに煩悩が消えていくとあったけど、
「ま〜だ?」「もう帰りたい」と不平不満を連発する王子。
この人、煩悩が消えるどころか倍増。

山寺2017⑥

ようやくたどり着いた奥の院。
ここで、こどもたちは御灯明を、親は御神籤を。
御神籤、深い。。。

そして、目的地の五大堂へ。

山寺2017⑦

薄曇りの中のパノラマは、それはそれで幻想的。
雲間に見え隠れするいろんな種類の緑色が、清々しい気持ちにさせてくれる。
眼下に走る仙山線の電車がプラレールみたいに走っていく。

これが、展望台まで登った人へのご褒美☆

そして、あとはまた、黙々と石段を下る。
登った時に見上げた景色とはまた違う、見下ろす景色。

奥の院にあるポスト。
どんな天気でも、郵便局の方が石段を往復して集荷に来ることを思うと
ホント頭が下がります。

下山したあと、おみやげ屋さんでひと休み。
こどもたちは、寒いのにカキ氷!
食べ終わる頃には、顔がこわばってた。
そりゃそーだ。

さて、姫2号さん。

とびきりの一句はできたのでしょうか?

2017/08/16

夏休み帰省☆2017 その2。

帰省2日目。

この日は、海!

山の日に、海!

ここ最近行ってる笹川流れ。
今年も同じ場所へ向かうと、そこはもうテントで埋め尽くされてた。。。
いい穴場スポットだっただけに残念。

さらに先へ進んで、誰もいない砂浜を発見!

笹川2017①

出発時は小雨だったけど、現地は曇り。
水温もまずまずで、いざっ!

この日のために新調した浮き輪とシューズ。
使えてヨカッタ。

大はしゃぎで海水浴を楽しむこどもたち。
波に揺られて浮き輪でプカプカ〜
キャーキャー言いながら、今年も海に来られてヨカッタね。

海に入らない母は、恒例のビーチコーミング。

笹川2017②

海水浴を楽しんで満足したら、小腹が空いた〜

海水浴の後に毎年立ち寄るお店のパン。

笹川2017③

スイカ風メロンパン!
見た目も味もGOOD☆

ここのパン 、すっごい充実してていいわ〜
毎回行くのが楽しみ♫

帰りの車中も、いつも通り爆睡zzz

楽しかった海の思い出、今年もまたデキマシタ。

2017/08/13

夏休み帰省☆2017 その1

夏休み最大の楽しみは、やっぱり帰省!
誰が何といっても、帰省!

そして今年は、姫1号にとっては小学生最後の夏!
来年のことを考えると、ゆっくりできる最後の夏になるかも?
なんて考えると、いやでも予定をガッチリ組んじゃう母なのデス。

まずは、10日5時に自宅を出発!

向かった先は、ヤクルト福島工場。
今回の帰省は、9時からの工場見学からスタート!

ヤクルト福島工場見学2017

まず最初に、15歳以上はミルミル、
15歳以下はヤクルト400をいただきながら映像で勉強。
代田博士の乳酸菌からヤクルトシロタ株を培養した話や、
福島工場で生産される商品や拡販ルートを勉強したあと、
工場のラインを見学~

厳格な衛生管理がなされたラインは、
次々と製品が工程を辿っていく様子がとても整然としていて
いつまでも眺めていられそうなくらいオモシロい!

ヤクルトの歴史のコーナーでは、
以前のヤクルトは小さな瓶に入っていて、その瓶は手洗いされていたことや
賞味期限の印字がなかった時期は、
キャップの色で時期を判別できるようにしていたことなど、
「へぇー」の連続!
ヤクルトって、すごいんだね~

そして、工場内にある『おなかのトンネル』。
これ、こどもたちだけでなく大人にも大ウケ!
それが何かは、見学者だけの特権(笑)。

エアシャワーも体験し、こどもたちは大絶叫。
髪の毛がぼふぁ~って舞い上がった!

最後にお土産をいただき見学終了~
なかなか楽しかった!

その後。

親戚宅をあちこち回って、ご挨拶とお土産をお渡し。
近況を報告しあいながら、お互いの無事を確認。
親戚の高齢化が進んでるので、これ、大事なことなんデス。

で、実家に到着!

ふぅ。

2017/08/12

アルチンボルド展!

 ♪~ 夏野菜たちのランウェイ ~♬

びじゅチューンで何回も何回も観たアルチンボルド。

この夏、上野の西洋美術館で企画展が開催れると聞き、
すぐさま前売り券ゲット☆
ずっとずっと楽しみにしてました~

で、行ってまいりました!

アルチンボルド展2017①

入場してすぐアルチンボルドメーカーに並び。。。

アルチンボルド展2017②

これ、野菜でできたワタシ(笑)!
なんか、違う~

今回、アルチンボルドの自画像(紙)をはじめ、
『春夏秋冬』と『四大元素』すべてが出揃う貴重な展覧会。

ホント、細部まで精密なタッチで、
どこに何が描かれているのかひとつずつ目で追いながら
じっくり、じっくり眺めてきました。

もう、これは圧倒的なセンスの違いをまざまざと見せつけられ、
450年経っても色褪せない機知に富んだ絵画に脱帽。

アルチンボルドって、すごい!

もちろん、帰宅してすぐ。。。

 ♪~ 夏野菜たちのランエェイ ~♬

2017/08/11

台湾料理。

「夏休みになったら行こうね!」

「また、アレが食べたい!」

「いついくの?」

ずっと楽しみにしてた、こどもたち。

先月29日、行ってきましたー!

念願の台湾料理屋さん!

ご主人も奥さんも、
そして、看板犬のチワワちゃん元気そう。

いつも次々お料理を出してくださり、大サービスしてくれるお二人。
毎回恐縮しつつも、美味しく完食!
小籠包も雲呑も、豚の耳も美味い!

看板犬のチワワちゃん。
こどもたちを見ると、しっぽをブンブン振って大歓迎。
ホント、こどもたちに優しいお利口さん。

食後のお楽しみは、やっぱりコレ!

愛玉ゼリー2017

愛玉ゼリー☆

今回もまた、お言葉に甘えてお代わり〜
暑いときに食べると格別ウマイ!

食後、体のツボのや漢方の話をしたり、
こどもたちの成長の話をしたりと楽しい時間を過ごせました。

そうそう、ツボやマッサージ関連の本は、
台湾より日本の方が多くて詳しいんだって。
ヘェ〜

帰り際、お土産にいただいた手作り肉まん。

今度は、我が家がお土産を持ってくね!

2017/08/10

丸茄子漬

ばば様から届いた丸茄子。

さっそく漬物にしました!

茄子漬2017

毎日、パパが懐かしい味を堪能。

美味しく漬かってヨカッタ☆

2017/08/03

大往生。

今朝、レンジをいつものように使っていると。。。。

ビビッ!と聞きなれない音が。

ん?何の音?

んあ゛ぁぁぁぁ〜!!!

レンジの画面表示が消えてるぅ〜

これって、もしかして?

アースやコンセントを入れ直してみたり、
扉やターンテーブルを拭いてみたりしたけれど、
反応なし。。。

残念ですが、故障のようデス。

でもね、この子、大往生。

だって、1994年製で今まで頑張ってきてくれたんだもん。
30年以上も第一線でご活躍いただきました。

いろいろ作ったね。

長い間どうもありがとう☆

2017/08/02

茄子といったら。

丸茄子2017

丸茄子!

ばば様からの産直便。

小さい頃から食べ慣れたこの丸茄子。
炒めものも、お味噌汁も、漬物もぜーんぶコレ。
だから茄子といったら、これだと思ってたのよね。

長茄子や、九州の長々茄子を初めて見たときの違和感たら(笑)

さて、この丸茄子。
漬物にするのがイチバン美味しい♪

さっそく漬物にしまーす。

2017/08/01

超汐博☆2017。

毎年楽しみにしてる日テレ超汐博。

今年も29日に行ってきましたー!

日テレ超汐博2017

土曜日の午後からだったけど、
それほど混んでいなくていい感じにまわれました。

日テレ超汐博2017②

『メアリと魔法の花』のアトラクション。

メアリみたいに魔法のほうきにまたがってビューン☆

暑い時に乗ったせいか、
水蒸気が両脇から出ていて涼しくてとっても気持ちよかったって。

日テレ超汐博2017③

実験教室、VR体験、アナウンサー体験、高校生クイズ等々。。。
ほぼ全制覇!

と、夕方5時をまわったころ雨がポツポツ。

十分に満喫したところで帰り、最寄駅についてみたら土砂降り!!!

4人で意を決して雨の中を自転車でダーッシュ!

ずぶ濡れで帰宅~
そのままお風呂へGO!

日テレさん、今年も楽しかったデス☆